ゲームやアニメ、ネットを中心に日々気になった話題を扱う個人ブログメディア
TOP > ゲーム関連の話題 > title - 【PS4】コーエーテクモ『仁王』初公開のステージ「伊賀」をインパルス板倉がプレイする番組第一回が放送


▼ニュース&まとめ系RSS▼
▼アンテナサイト▼
▼ばるらぼ!更新情報▼

【PS4】コーエーテクモ『仁王』初公開のステージ「伊賀」をインパルス板倉がプレイする番組第一回が放送

インパルス板倉 仁王


コーエーテクモから発売される「仁王」の
最新プレイ動画が登場。







Powered By 画RSS

インパルス板倉がプレイ



20日にyoutubeで
「PlayStation祭『仁王』特別番組 第1回」が放送されました。

番組では初公開となった新ステージ「伊賀」を
お笑い芸人インパルスの板倉俊之さんが
実機デモプレイに挑みます。


■PlayStation®祭『仁王』特別番組 第1回






番組の最後ではα体験版、β体験版のクリアで手に入る
2つのアイテムも紹介されました。

仁王

仁王


また装備の性能をそのままに、
見た目を変えることが出来る機能「形写し」も紹介。
これを使えば見た目用に使っていくことができる。

β体験版は、塗り壁にプチっと
つぶされたのが印象的だったw。
アレ攻撃してくれって言わんばかりだったんだよな。(゚θ゚ )


■関連リンク
仁王 公式サイト



仁王 (初回封入特典(「真田幸村鎧装備一式」ダウンロードシリアル) 同梱) - PS4
仁王 (初回封入特典(「真田幸村鎧装備一式」ダウンロードシリアル) 同梱) - PS4
コーエーテクモゲームス 2017-02-09
売り上げランキング : 603

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Horizon Zero Dawn 初回限定版 - PS4 ニーア オートマタ(初回生産特典「ポッドモデル:白の書」が使えるプロダクトコード 同梱) - PS4 BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 プレミアムボックス (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱) フォーオナー 初回生産限定特典「レガシーバトルパック」ダウンロードコード同梱 - PS4 BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣 (初回封入特典(オリジナルテーマ&ゲーム内コンテンツ「フリスペ! 」着せ替えテーマ ダウンロードシリアル) 同梱) バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer. 【CEROレーティング「Z」】 (【数量限定特典】Survival Pack: Shotgun Set 同梱) - PS4




●ブログガジェット


▼最近の人気エントリー▼
Powered By 画RSS

▼新着記事▼
『真・女神転生シリーズ最新作』の情報が10月23日午後21時に発表! [10月22日]
PS4『グランツーリスモ SPORTS』share機能で動画配信したにもかかわらず権利者によってブロックされてしまう問題が報告される [10月22日]
世界最大「ゼルダの伝説」コレクションがギネス記録に認定! [10月22日]
【MHF-Z】WiiU/Xbox 360版『モンスターハンター フロンティアZ』PC版へのアカウント連携サービスが11月29日より開始 [10月22日]
『イナズマイレブン アレスの天秤』ニンテンドースイッチ/PS4/ios/Androidでリリース決定! [10月21日]

[ 2016/11/21 01:31 ] ゲーム関連の話題 | TB(0) | CM(10)
▼コメントに関する注意▼
・1暴言や攻撃的な内容は書き込まないでください
・2他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みは行わないでください
・3コメントは削除する場合があります
仁王の初出が2005年だから、13年越しになんのか
FF15やトリコに勝るとも劣らない行方不明ぶりだなw
PSハードによくあるイメージイラストだけで数年持たせてたタイトルの一つだったな
[ 2016/11/21 02:43 ] [ 編集 ]
2013年発売予定だから12年だったわ、まぁここまでくると大して変わらんけど
漫画化とか、映像に有名監督スタッフ起用とか、ゲームとしてのベクトルがおかしな方向な気もするが
最近マガジン系でこういうゲームのマルチメディア化の作品増えたな
小学館に対抗してんのか、タイトルの客層はだいぶ違うけど
[ 2016/11/21 02:47 ] [ 編集 ]
まだ卒業してなかったんスか仁王センパイ・・・
[ 2016/11/21 03:27 ] [ 編集 ]
行方不明の間に色んな物にカブレて戻ってきた中身からっぽの仁王センパイ
[ 2016/11/21 08:44 ] [ 編集 ]
>2004年10月28日に、コーエー、シブサワコウプロダクション、黒澤プロダクションの3社による協同プロジェクト『鬼(仮称)』として制作発表が行われ、映画監督黒澤明の遺稿を元にした2006年公開予定の映画を核としたメディアミックス作品の一つとして、次世代プレイステーション(後のPlayStation 3)用ソフトとしてゲームが開発中であることを発表

時の流れを感じる
[ 2016/11/21 08:53 ] [ 編集 ]
源平…いや月風魔伝って感じのキャラが良いね
[ 2016/11/21 11:19 ] [ 編集 ]
PS3の発売って2006年?だから、これも発売のだいぶ前に告知されたゲームの一つか
FF13とかMGS4とか、あの有名な発売されなかったゲームテンプレとかと同じ出る出る詐欺の一角か
PS3があんなに世界的にズッコけると思ってなかった会社多かったんだろうな
そしてDSとwiiがあんなにえれると予想もできなかったと。
マニア向けゲームなんだから気にせず発売出来るタイトルだと思うけど、どこで頓挫してたのか、やはりPS3が売れなかったからか、
PS4も大して国内売れてないけど、FF15でブーストかかると思ってるからとかか
[ 2016/11/21 11:21 ] [ 編集 ]
にん豚って怖いな〜
[ 2016/11/21 15:01 ] [ 編集 ]
10年くらい前にそんなのあったなw
さすがに定着しなかったが
[ 2016/11/21 15:56 ] [ 編集 ]
やっぱり、ダクソ感が...せっかくチーニン制作なんだから、もうちょっと分かりやすい差別化が欲しいところ。(ニンジャガみたいにしろとはいわんが)
まぁ、ダクソより軽快っぽいからこっちのが好きって人も多そう。
[ 2016/11/21 21:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼アンテナサイト▼