ゲームやアニメ、ネットを中心に日々気になった話題を扱う個人ブログメディア
TOP > ゲーム関連の話題 > title - EAのFPSシリーズ最新作『Battlefield 1(バトルフィールド1)』が正式発表!舞台は第一次世界大戦


▼ニュース&まとめ系RSS▼
▼アンテナサイト▼
▼ばるらぼ!更新情報▼

EAのFPSシリーズ最新作『Battlefield 1(バトルフィールド1)』が正式発表!舞台は第一次世界大戦

Battlefield 1 バトルフィールド1

EAの人気FPSシリーズ新作は、第一次世界大戦が舞台。
「Battlefield 1(バトルフィールド1)」が正式発表されました。










ということで、BF最新作は第一次世界大戦が舞台となりました。

動画では、複葉機での空中戦や初期の戦車の姿、
スコップでの打撃、火炎放射器などなど、
当時の武器、兵器が美麗なグラフィックで表現された、
新しいBFの世界を垣間見ることができます。


トレイラーではXboxoneで出るのかと思うかもしれませんが、
これはEAアクセスが先行で行われるということであり、
ハードのほうはPS4、Xboxone、PC。
発売日は2016年10月21日を予定。
より詳しい情報は、6月に行われるEAの独自イベントで明かされるそうです。


「Battlefield 1(バトルフィールド1)」日本公式サイトも更新され、
国内向けに本作の情報が掲載されています。
以下公式より。



ロンドンの空では高射砲に切り裂かれた飛行機の残骸が街へと降り注ぎ…。
その東のフランスでは、恐るべき装甲に覆われた戦車が、家々の壁を破りながら、
瓦礫と化した街を我が物顔で突き進み…。

そして南、戦火に燃えるイタリアの海岸よりさらに彼方のアラビア砂漠では、
世界がまだ目にしたこともない威力を誇る武器を携えた兵士たちが、
砂丘を乗り越え敵へと突撃する。
これが「バトルフィールド 1」でのみ体験することが可能となる
全面戦争の夜明けです。

「バトルフィールド 1」(Xbox One、Origin PC、PlayStation 4)は
2016年10月21日全世界同時発売が予定されています。
ただし、待ちきれないファンの皆さんは、
それよりも早くご体験いただくことも可能です。
その詳細はまた後ほどご紹介します。

「バトルフィールド 1」で私たちは、ファンの愛するシリーズの特徴はそのままに、
FPSの歴史において最もスケールが大きく、
最もダイナミックな戦闘を作り上げることを目標にしてきました。

第一次世界大戦はとても驚くべき時代です。
その理由のひとつは、実は非常に進んだ時代であったという点です。
陸・海・空を舞台にした大規模な戦闘から、強力かつ効率的な兵器の数々まで、
私たちが、その後1世紀の戦いで目にすることになるほぼすべてが、
この時代には存在しています。

Battlefield 1 バトルフィールド1

Battlefield 1 バトルフィールド1

Battlefield 1 バトルフィールド1

Battlefield 1 バトルフィールド1

Battlefield 1 バトルフィールド1


■イメージ

戦車、航空機、マシンガン、大砲…
ファンの皆さんが「バトルフィールド」シリーズの他のタイトルで手にし、
「バトルフィールド」に引き継がれてきたDNAを輝かせてきた、
これら兵器の多くが、この時代に完成を見ているのです。

ファンの皆さんは、古い世界が打ち壊され、新たな世界へと道を譲った
時代を舞台に大規模な64人対戦に飛び込み、
「バトルフィールド」ならではの唯一無二の瞬間が実現される戦いを
体験していただくことができるでしょう。

加えて今回、「破壊」のレベルを数段階引き上げました。
戦場で待ち受けるサプライズにご期待ください。





CoDは宇宙に行きましたが、BFは逆に過去へ行ったんですね。
第一次大戦が舞台になるという噂はあったけど、マジだったとはw。

でも、逆に新鮮な印象。
現代戦も見飽きた感じがするし。(゚θ゚ )


なお現在、PSストアで「バトルフィールド4」と
「バトルフィールド:HL」のPS4ダウンロード版が、
864円で販売されていますよ。

■バトルフィールド4

■バトルフィールド ハードライン


なぜセールが行われているのかはわかりませんが、
期間は5月18日まで。
興味がある人は、今のうちに購入しておこう。

■バトルフィールドシリーズ 公式サイト


ペルソナ5 20thアニバーサリー・エディション 【豪華版同梱物】豪華トレジャーBOX/ペルソナ5 ART BOOK(仮称)/ペルソナ20thアニバーサリー・オールタイムベストアルバム/スペシャルコラボDLCセット
ペルソナ5 20thアニバーサリー・エディション 【豪華版同梱物】豪華トレジャーBOX/ペルソナ5 ART BOOK(仮称)/ペルソナ20thアニバーサリー・オールタイムベストアルバム/スペシャルコラボDLCセット PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)





●ブログガジェット


▼最近の人気エントリー▼
▼新着記事▼
【追記】新ブログじゃないけど実質新ブログの「ばるらぼ!」をよろしく! [07月20日]
『初音ミク Project DIVA』新作がSwitchで発売決定など今週のピックアップ [07月07日]
『デジモンストーリー サイバースルゥース ハッカーズメモリー』Switch/PC版が海外で発表 [07月07日]
『ワンピース 海賊無双4』PS4/Switch/XboxOne/PCで2020年発売決定! [07月06日]
「ゼルダの伝説ブレス オブ ザ ワイルド」続編の開発スタッフが募集開始! [07月06日]


[ 2016/05/07 11:07 ] ゲーム関連の話題 | TB(0) | CM(20)
▼コメントに関する注意▼
・1暴言や攻撃的な内容は書き込まないでください
・2他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みは行わないでください
・3コメントは削除する場合があります
一次大戦は非常に興味深い!
戦略や兵法は中世のまま近代兵器を使っていた時代。ガトリング銃にサーベル片手に騎馬突撃をマジでやったり中世VS近代をガチでやった。
対戦興味ないけどキャンペーンだけでもやりたいな。
[ 2016/05/07 11:16 ] [ 編集 ]
敵の潜水艦を発見!!
[ 2016/05/07 11:46 ] [ 編集 ]
ゴミ臭プンプンやからゼルダの伝説買おう
[ 2016/05/07 11:57 ] [ 編集 ]
>2016-05-07 11:57 #201235
君はゴキ臭プンプンだね
[ 2016/05/07 12:14 ] [ 編集 ]
雑な酢飯やね
[ 2016/05/07 12:15 ] [ 編集 ]
飛行船は的になりそう。打撃と馬が気になるわ。
[ 2016/05/07 12:32 ] [ 編集 ]
これに対抗して戦国時代FPSを作る作業に何処かの企業が動かないものか
[ 2016/05/07 14:06 ] [ 編集 ]
第一次大戦って正直あんまり知らないけど騎兵とかがあった時代なんだなぁ
100年経って却って新鮮でちょっと楽しみだわ
[ 2016/05/07 14:10 ] [ 編集 ]
戦国時代FPSって…
シューティング要素が弓矢と火縄銃じゃなぁ
ロマンはあるけどさ
[ 2016/05/07 14:20 ] [ 編集 ]
よし購入確定
CoDよお前はもう用済みだ
[ 2016/05/07 14:48 ] [ 編集 ]
技術と人間の考え方のギャップが非常に激しくて、今からしたらんな馬鹿な!みたいな話がいっぱいある一次大戦。
戦火の馬って映画が詳しい。原作が児童文学だからそこまで悲劇的でない戦争映画なので見やすいとおもう。

[ 2016/05/07 15:44 ] [ 編集 ]
[ 2016/05/07 14:06 ] スカイリムが戦う感触近そうだなあ。
あのようなオープンワールドではなくて、映画的なイベントとステージミッション形式にすれば良いのかな。
[ 2016/05/07 15:47 ] [ 編集 ]
飛行機や戦車が新兵器の時代だぜ
わくわくするな
FPS苦手だけど(性に合わない的な意味で)
[ 2016/05/07 17:15 ] [ 編集 ]
SFチックな近未来戦も泥臭い現代戦も両方共好きな俺はcodもbfもやるぜ
[ 2016/05/07 20:37 ] [ 編集 ]
ツェッペリン号(飛行船)は実戦ではほとんど役に立たなかったらしいからな
近接武器に塹壕にとカオスで近代戦よりゲーム向きの題材じゃないかな
[ 2016/05/07 22:12 ] [ 編集 ]
歩兵に勝ち目ないやん
[ 2016/05/08 00:00 ] [ 編集 ]
第一次世界大戦と言うと毒ガスと塹壕戦のイメージが強いな
後は突撃してマシンガンで全滅、とかか
[ 2016/05/08 01:01 ] [ 編集 ]
何かすごいハイレベルな武器を使った戦争に見えるPVだったw
[ 2016/05/08 07:13 ] [ 編集 ]
当時としては、見たことのない最先端の兵器が登場してるわけだからな
開発側もハイレベルに見えるように意識してるだろ
[ 2016/05/08 13:01 ] [ 編集 ]
第2次はアレな人やソレな国がめんどくさいから第1次に、という考え万理ある
[ 2016/05/09 09:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼アンテナサイト▼