ゲームやアニメ、ネットを中心に日々気になった話題を扱う個人ブログメディア
TOP > ゲーム関連の話題 > title - 据え置きゲーム機『Ouya』全サービス終了へ、ゲームによってはサービス終了後プレイできず


▼ニュース&まとめ系RSS▼
▼アンテナサイト▼
▼ばるらぼ!更新情報▼

据え置きゲーム機『Ouya』全サービス終了へ、ゲームによってはサービス終了後プレイできず

ウーヤー

数年前に登場した据え置きゲーム機『Ouya』がサービス終了します。




ダウンロードしたゲームがプレイ不可になる場合も


ゲーミングデバイスメーカーのRazerが発売したゲーム機「Ouya」の全サービスを終了することを発表しました。終了日時は2019年6月25日で、当日中にゲームのダウンロード、アカウント、関連サービスが終了します。

Ouyaは2012年にキックスターターで850万ドルの資金を集めてスタートしたプロジェクトで、2013年6月25日に99ドルで発売されました。Androidを採用し、スマートフォンやタブレットのアプリ開発者が参入しやすい環境が整えられていたほか、スクエニはバンダイナムコが参入していました。

しかし当初から売れ行きは悪く、2015年にはOuyaの権利をRazerが買い取っていました。その後本体の販売を終了し、Razerが展開するForge TVのサービスに統合されています。

そして今回、最後まで残っていた関連サービスもすべて終わることが発表。サービス終了後のゲームソフトに関してはソフトごとに対応が異なっているようで、そのままプレイ可能なものもあれば、プレイ不可になるものもあるようです。具体的なリストは現在ありません。Ouyaから生まれた唯一ヒット作といえるゲーム「TowerFall」はPS4/Vita/One/Switchで配信されています。

こんなゲーム機もあったようなって感じですが、そもそも日本ではユーザーが全くいないゲーム機といって良いものなので国内的な影響はないですね。ゲーム機の歴史の中にこういうものがあったことを、時々でいいから思い出したり出さなかったり。




■関連リンク
Polygon






●ブログガジェット


▼最近の人気エントリー▼
▼新着記事▼
スマブラSP「勇者」「バンカズ」参戦やFF7R発売日決定などE3で新情報がたくさん公開された今週のピックアップ [06月16日]
スプラトゥーン2のフェス「「酢豚にパイン入ってるのって…ナシvsアリ」結果発表! [06月16日]
任天堂はクラウドゲームに注目しているもののSwitchにフォーカスしている [06月15日]
「ファイナルファンタジーVIIリメイク」2作目については「より効率的な開発になる」 [06月15日]
リセットさん、新作「あつまれ どうぶつの森」で失業 [06月14日]


[ 2019/05/24 02:02 ] ゲーム関連の話題 | TB(0) | CM(4)
▼コメントに関する注意▼
・1暴言や攻撃的な内容は書き込まないでください
・2他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みは行わないでください
・3コメントは削除する場合があります
微かに聞き覚えがある(´・ω・`)

[ 2019/05/24 02:13 ] [ 編集 ]
>スクエニはバンダイナムコが参入していました。
>そもそも日本ではユーザーが全くいないゲーム機といって良いものなので

バンダイナムコはスクエニの子会社なんですか?
良いものって・・・
[ 2019/05/24 03:52 ] [ 編集 ]
すっかり存在忘れてた
[ 2019/05/24 09:52 ] [ 編集 ]
周知って大事だなぁ…
[ 2019/05/24 19:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼アンテナサイト▼