ゲームやアニメ、ネットを中心に日々気になった話題を扱う個人ブログメディア
TOP > ゲーム関連の話題 > title - 任天堂が東京ゲームショウ2018のビジネスミーティングエリアに初出展


▼ニュース&まとめ系RSS▼
▼アンテナサイト▼
▼ばるらぼ!更新情報▼

任天堂が東京ゲームショウ2018のビジネスミーティングエリアに初出展

東京ゲームショウ2018

任天堂が今年のTGSのビジネスミーティングエリアに出展することがわかりました。





●TGS初出典


CESEは今年開催される東京ゲームショウ2018の出展社情報を公開しました。
今年のTGSでは、任天堂がビジネスミーティングエリアに出展します。
これまでもCESAの特別賛助会員としては名前を連ねてはいたものの、
実際に出展するのは今回が初めてとなります。

ただし任天堂が出展するのはビジネスミーティングエリアのみ。
TGSのビジネスミーティングエリアはビジネスデー来場者のみ
来場することができる場所であるため、一般客は訪れることができません。


これまで一度も出展したことがなかった任天堂が、
TGSに出展するのはどういう意図があるのでしょうか。

BCNRetailによると、考えられる理由としてはPS4やPCで
任天堂以外のゲーム機のタイトルをスイッチで遊べる機会が増えてきたため、
さらにタイトルを増やすため商談の場に選んだのではないかというのが一つ。

2つ目は今年4月にサンフランシスコのScrum Venturesと共同で
「Nintendo Switch + Tech」を開始したことも理由ではないかとしています。
「Nintendo Switch + Tech」はSwitchを使った新しい遊び方を模索するもの。
TGSに出展するインディーズ開発者からアイデアを募ることが目的ではないかとのこと。

3つ目はスマートデバイス向けのビジネスパートナーを
求めているからではないかと分析しています。


今回の出展は一般ユーザーではいくことができないものではありますが、
TGSに出展するというのは気になる動きですね。
将来は一般公開の日に出展する日が来たりするんでしょうか。

東京ゲームショウ2018はビジネスデーが9月20日~21日、
一般公開が9月22日~9月23日です。

■関連リンク
東京ゲームショウ2018 公式サイト

BCNRetail






●ブログガジェット


▼最近の人気エントリー▼
▼新着記事▼
「アークザラッド」シリーズ新作のティザーサイトがオープン!情報は7月30日に公開 [07月17日]
「スプラトゥーン2」小学5年生の女の子プロゲーマーが誕生! [07月17日]
北米のニンテンドーラボ作品コンテスト優秀作品が発表。どれもクオリティ高いぞ! [07月17日]
「ブレイヴフェンサー 武蔵伝」発売20周年を記念し特別アレンジ動画「20周年記念 Brave Fencer 武蔵伝」公開! [07月16日]
Amazonプライムデーがスタート!ゲームでも様々な商品がお得に! [07月16日]


[ 2018/07/04 01:01 ] ゲーム関連の話題 | TB(0) | CM(17)
▼コメントに関する注意▼
・1暴言や攻撃的な内容は書き込まないでください
・2他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みは行わないでください
・3コメントは削除する場合があります
去年までは出る必要ねーよって言ってた人達いたけど
参加するとなったらやっぱり手のひら返すのかな
[ 2018/07/04 01:05 ] [ 編集 ]
完全にビジネス目的ってことか
まぁスマブラとか出展すると長蛇の列ができちゃうだろうから
他のメーカーに対する配慮って意味もあるんだろうな
[ 2018/07/04 01:49 ] [ 編集 ]
よく理解してないのに煽ってる子がいるw
[ 2018/07/04 04:58 ] [ 編集 ]
一般公開日も無料開放すれば出展するかもね
TGSが一般公開日を無料にするという未来は全然見えてこないけどw
[ 2018/07/04 07:20 ] [ 編集 ]
社長が変わると色々と変わるな
ソシャゲ注力とか様々な利益を追求していくのだろう

イベントも一緒にやった方が新規客取り込めるし、コストも大幅にカットできるからね
[ 2018/07/04 08:12 ] [ 編集 ]
ビジネスデーに打ち合わせの場を設けただけで手のひらクルクルがどうたらとか
関節がいくらあっても足りなくね
[ 2018/07/04 08:58 ] [ 編集 ]
ビジネスデイの出展に対して、出る必要も糞も手のひらも糞もねーだろ
バカみたいに高い協賛金だけ取られてたんだし、国内外のインディーズ開発者からも
任天堂で出したいけど、窓口がわからないと言われてたから門戸を開く意味でビジネスデイに出張所だすんだろ
[ 2018/07/04 09:58 ] [ 編集 ]
game watchより抜粋()内は注釈
・毎年1月後半に開催される「台北ゲームショウ」。出展企業に任天堂やMSの姿はない(CESAが協力している為か)
・今年はVRゲーム用に広いスペースが確保された専用ブースが拡張された
・出展企業の比率は比率でいうとアジア8:欧米2、モバイル6:PC4といった展示状況
・オープニングイベントは、いきなり「PS4の販売数が大きく画面に映し出された」(誰の為のゲームショウなのか)

・コーラスワールドワイドとして、主にアジアのデベロッパーと多くの打ち合わせを持ったが、
彼らの共通するイシューは「どうすればNintendo Switch市場に参入できるか」という点に尽きた。

・「Switch版を考えている」という話を聞いても具体的にどうやって参入するか方法がわからないという人が多く、
運良く任天堂より情報開示を受け開発機を導入できている開発者はごく少数のようでした。

・アジアのスタジオや開発者はすでにPS4の開発機を入手しているものの、
開発になかなか手をつけられないという話も聞きました。
特に台湾勢は「ソニーが中国ばかりに向いていて相手にしてくれない」というコメントもあり、
サポート体制など、なんらかの事情でPS4への開発意欲を削いでしまっているという印象を受けました。
[ 2018/07/04 10:06 ] [ 編集 ]
心の土下座が功を奏したか
PS4世代になって、より一層心が中学生色が強くなってたもんね
[ 2018/07/04 10:25 ] [ 編集 ]
>>考えられる理由としてはPS4やPCで
任天堂以外のゲーム機のタイトルをスイッチで遊べる機会が増えてきたため

これ日本語おかしくない?意味理解できる人いる?
[ 2018/07/04 10:49 ] [ 編集 ]
あースマホ絡みでってのはあるかも
成り立ちからしてTGS側から頭下げない限りCSで出展する意味は無いと思うし
[ 2018/07/04 11:40 ] [ 編集 ]
過去にも基調講演とかやってたよ
何の驚きもない
[ 2018/07/04 13:34 ] [ 編集 ]
折角の商機だもんね。逃す手はない。

[ 2018/07/04 10:49 ]
今まで任天堂製品ではあまり出ておらず、
PS4やPCに出ていた任天堂製以外のゲーム(主にサードパーティの作品)が
スイッチでは続々発売されているため

という意味でしょ。
[ 2018/07/04 16:38 ] [ 編集 ]
やっぱ社長が変わったってのが大きいんだろうな
まあ色々なところに門戸を開くのは個人的にはいいことだと思う
[ 2018/07/04 18:02 ] [ 編集 ]
スマートデバイス向けのビジネスパートナー・・・これは大いにあるだろうなぁ
[ 2018/07/04 22:21 ] [ 編集 ]
いや頭は既に下げられてんだよ
その上で入場無料にしたら出るよと言ってるだけ
[ 2018/07/05 00:09 ] [ 編集 ]
まぁTGS自体には任天堂の人だって元々、足を運んでるだろ
TGSでの雑談から、ソフト開発につながったケースも一つや二つではない
ビジネスデイにブースまで作って参加はしてなかったのが拡大しただけ
[ 2018/07/05 13:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼アンテナサイト▼