ゲームやアニメ、ネットを中心に日々気になった話題を扱う個人ブログメディア
TOP > ゲーム関連の話題 > title - 今度の舞台は第二次世界大戦『Battlefield V(.バトルフィールド5)』10月19日発売!


▼ニュース&まとめ系RSS▼
▼アンテナサイト▼
▼ばるらぼ!更新情報▼

今度の舞台は第二次世界大戦『Battlefield V(.バトルフィールド5)』10月19日発売!

バトルフィールド5

人気FPS新作「バトルフィールド5」正式発表。
今度の舞台は第二次世界大戦。





●女性兵士も登場


エレクトロニックアーツは本日、人気FPSシリーズ最新作となる
「バトルフィールド5」を正式発表しました。

バトルフィール5の舞台はシリーズの原点に立ち返り
第二次世界大戦。最新のトレイラーも公開されました。



バトルフィールド5のキャンぺーンモードでは、前作バトルフィールド1と
同様に大戦の書形式で進行します。




プレイヤーは北極圏北部のノルウェーや、オランダのロッテルダム遺跡、
北アフリカなど、主にヨーロッパ戦線での戦いが繰り広げられるようです。



マルチプレイでは従来のコンクエストといったモードのほかに、
新しいモードに「グランドオペレーション」が登場。
バトルフィールド1のオペレーションの発展型で、
マップとルールが異なった4つのラウンドでの戦いとなるとのこと。




カスタマイズ要素としては、武器の組み合わせのほかに、
兵士の外見を変更することができます。




新しい要素として「Fortifications」が登場。
資源を消費することで機関銃の設置、塹壕を掘る、遮蔽物を作るといった
ことが可能になっているようです。



co-opモードでは「コンパインドアームズ」が登場。
4人での協力プレイとなっており、ほかのプレイヤーと一緒に
様々なミッションをこなしていきます。




このモードはキャンペーン、マルチプレイの中間的位置づけだそうで、
プレイヤーの訓練に良いモードとのことです。


DLCに関しても大きな変更が発表。
従来あったシーズンパス及びプレミアムエディションは廃止。
代わりに継続的なアップデート「タイド・オブ・ウォー」が登場します。




これはゲームを購入したプレイヤーは、DLCを購入しなくても
今後追加される最新のステージや武器、兵士のスキンで
遊ぶことができるというものです。
ただし、なにかしらの課金要素があるのかは現時点では不明。

ということで新作バトルフィールドが発表されました。
ヨーロッパ戦線ということで大和魂をみせることは出来なさそうですが、
個人的には気になっているゲームの一本。

PS4/XboxOne/PC「バトルフィールド5」は10月19日に発売予定です。



■関連リンク
Polygon

GameSpot









●ブログガジェット


▼最近の人気エントリー▼
▼新着記事▼
ブレイブリー公式ツイッター「オクトパストラベラー」甲子園で流れていそうな応援歌をアップ! [08月19日]
ジョイコンを釣り竿として使う周辺機器が付いたフィッシングゲームが海外で登場! [08月18日]
Blizzard、Switch版オーバーウォッチについて「実現可能です」 [08月18日]
ネット工作か?「自分磨きの一種?として2020年のオリンピックボランティアに応募することにしました!」との投稿が相次ぐ [08月17日]
声優・石塚運昇さん死去、ポケモンのオーキド博士などで知られる [08月17日]


[ 2018/05/24 10:18 ] ゲーム関連の話題 | TB(0) | CM(2)
▼コメントに関する注意▼
・1暴言や攻撃的な内容は書き込まないでください
・2他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みは行わないでください
・3コメントは削除する場合があります
全機種確認
[ 2018/05/24 12:07 ] [ 編集 ]
困った時にはWW2を使うというWarゲームの定番か
[ 2018/05/24 13:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼アンテナサイト▼