ゲームやアニメ、ネットを中心に日々気になった話題を扱う個人ブログメディア
TOP > ゲーム関連の話題 > title - 大阪のゲームバーが一斉閉店。コンピュータソフトウェア著作権協会の指摘を受けた為


▼ニュース&まとめ系RSS▼
▼アンテナサイト▼
▼ばるらぼ!更新情報▼

大阪のゲームバーが一斉閉店。コンピュータソフトウェア著作権協会の指摘を受けた為

ビールバー

大阪のゲームバーが一斉閉店することが判明。
理由はコンピュータソフトウェア著作権協会の指摘を受けた為とのこと。




●ほかのゲームバーへの影響は


大阪にあるゲームバー「1UPゲームバー」「大阪梅田バーカティーナ」
「ゲームバーClan」の三店舗が閉鎖することを発表しています。

閉鎖の理由については、3店舗とも
「一般社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会様より
ご指摘を受けましたため」としています。








ゲームバーは、家庭用ゲーム機をプレイしながらお酒などを
飲食することができる店舗のこと。
店内にはゲーミングPCやゲーム機が用意されていました。

ゲームバーをめぐっては、2011年に渋谷に存在した「ファミコンシティ」が
同様の指摘を受けたことで閉店しています。

これらのゲームバーは人気の一方で法的な問題があると
以前から指摘されており、バンダイナムコの原田勝弘氏は、ゲームバーに関して
「「あらゆるゲームが遊べるゲームバーを「すべて合法で権利関係を完全に
クリアした完璧な方法」でもって実現する方法は「莫大な資金力」でも無いと無理そう」
過去に語っています。


また任天堂は「お店に置いて使用させる行為は、営利目的を有していると
解されますので、各権利者からの許諾が必要となります。
当社では、当社製ゲーム機器およびゲームソフトの営利目的での利用(商業利用)に
ついて、許諾を行っておりません。」との見解を公式に掲載しています。

ゲームバーは全国に存在していますが、
今回の閉店は、各地にあるゲームバーにも影響がありそうです。

■関連リンク
automaton







●ブログガジェット


▼最近の人気エントリー▼
▼新着記事▼
ホリ「ボーダーブレイク」専用コントローラーの製品化が決定! [04月24日]
NTTグループが「漫画村」などのサイトをブロッキングすることを決定 [04月23日]
Switch『プロ野球 ファミスタ エボリューション』8月2日発売決定! [04月23日]
新作「ガンダムNT(ナラティブ)」発表やダークソウルSwitch版延期など今週のピックアップ [04月23日]
「スプラトゥーン2」フェス「ロマンを感じるのは?未知の生物vs 先進の技術」結果発表! [04月22日]


[ 2018/04/09 13:09 ] ゲーム関連の話題 | TB(0) | CM(2)
▼コメントに関する注意▼
・1暴言や攻撃的な内容は書き込まないでください
・2他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みは行わないでください
・3コメントは削除する場合があります
漫画喫茶とかのゲーム置いてある店舗もこの辺に含まれそう。
音楽もそうだけど、消費者が購入した権利をどれだけ行使できるかが今後のコンテンツのあり方の方向を決めそうだね。

漫画村とか割れは論外だけど。
[ 2018/04/09 18:36 ] [ 編集 ]
漫画喫茶はソニーが正式に許可制でOK出してるよ
それが法律的にいいのかは知らんけどメーカー側でOK出してるのは確か
[ 2018/04/09 21:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼アンテナサイト▼