ゲームやアニメ、ネットを中心に日々気になった話題を扱う個人ブログメディア
TOP > ゲーム関連の話題 > title - SIEが10月3日付で新経営体制を発表。社長兼CEOに小寺剛氏が就任、アンドリュー・ハウス氏は会長に


▼ニュース&まとめ系RSS▼
▼アンテナサイト▼
▼ばるらぼ!更新情報▼

SIEが10月3日付で新経営体制を発表。社長兼CEOに小寺剛氏が就任、アンドリュー・ハウス氏は会長に

SCE改めSIE

SIEが新体制を発表しています。




Powered By 画RSS

●ハウス氏は会長に


ソニーインタラクティブエンターテインメントジャパンアジアは、
10月3日付で新体制を発表しました。

アンドリュー・ハウス氏は会長に就き、新しく社長兼CEOに
副社長だった小寺剛氏が就任します。

以下リリースより


[東京:2017年10月3日/米国カリフォルニア州サンマテオ:2017年10月2日] -
ソニー株式会社(以下、ソニー(株))とソニー・インタラクティブエンタテインメン
トLLC(以下、SIE)は、SIE副社長である小寺剛(こでら・つよし)が、
同日付でSIE社長 兼 CEOに就任する旨を発表しました。
同社長 兼 グローバルCEOであるアンドリュー・ハウスは、同社会長に就き、
年内は円滑な経営体制移行につとめます。

同時に、国内法人である株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントについても
代表取締役 社長に小寺が就任し、ハウスは取締役 会長に就きます。
小寺は、SIEが担うゲーム&ネットワークサービス事業について
グローバルな経営責任を有し、ソニー(株)社長 兼 CEOの
平井一夫に直接レポートします。
今回のSIEの経営体制の変更に伴い、
同日付でハウスはソニー(株)執行役 EVPを退任します。
小寺のソニー(株)執行役員 ビジネスエグゼクティブの役職に変更はありません。

◆平井一夫のコメント:
「アンドリュー・ハウスは、2011年に私からソニー・コンピュータエンタテインメントの
CEOのバトンを引き継ぎ、プレイステーションビジネスを、
ソニーの収益ドライバーの一つとなる事業に成長させてくれました。
ハウスと私は、1995年から20年以上にわたりプレイステーションビジネスを
一緒に育ててきた同志です。

ハウスが、ソニーを卒業することについては複雑な思いもありますが、
ハウスのこれまでの貢献に感謝すると共に友人として彼の今後の成功を祈っています。
小寺剛は、2013年からソニーのネットワークサービス事業を牽引し、
その拡大に大きく貢献しました。小寺は海外経験が豊富で戦略的な思考に長け、
強い信念とリーダー シップを持つ人物です。
昨年からは、SIEの副社長として、SIE全体の商品・事業戦略も担当しています。
ネットワークサービス事業の重要性がソニーグループ全体として益々高まっていく中、
小寺が、ハウスが残した資産を活かし、プレイステーションプラットフォームの価値を
更に向上させ、ゲーム&ネットワークサービス事業をより成長させてくれることを期待しています。」


◆アンドリュー・ハウスのコメント:
「プレイステーションで最高のゲーム体験を提供することにより、
世界中の何千万もの人々を魅了することができたこと、
また、SIEを本格的なデジタルエンタテインメント企業へと創り上げることができたことを
私は大変誇りに思っています。プレイステーションは、20年以上の長きにわたり
私の人生を占めてきた大切な存在ですが、ビジネスが過去最高の成功を収めるまでに
成長した今こそ、私自身が新しい挑戦に向けて足を踏み出すのにふさわしい時であると思っています。
SIEを、働き甲斐のある素晴らしい場にしてくれた仲間たちとの友情は私の宝物です。

また、プレイステーションに対する世界中のファンやゲーマーの皆さんの
変わらぬ熱い思いと支持に、心より感謝しています。
小寺、そして小寺率いるSIEは、世界でもトップクラスの素晴らしいチームであり、
プレイステーションの未来がこれからも輝き続けることを私は信じています。」


◆小寺剛のコメント:
「SIEの社長 兼 CEOという大役を拝命し身の引き締まる思いです。
また、ハウスと平井が私に示してくれた信任に心より感謝します。
これまでハウスが推し進めてきたプレイステーションブランドの確立と、
ゲーム&ネットワークサービス事業の基盤を一層強固にし、
プレイステーションプラットフォーム上で提供するエンタテインメントの価値を
さらに高めることができるよう力を尽くしてまいります。

SIEの社員と共に、ビジネスパートナーの皆様との連携を一層強化し、
またソニーグループの関係部門とも協力し、
ユーザーの皆様にこれまで以上に楽しんでいただける
プレイステーションならではのインタラクティブエンタテインメント体験を
提供してまいる所存です。」



新しく社長兼CEOに就く小寺剛氏は、
1992年にソニーに入社後、ポータブルオーディオ事業の企画管理業務を経て、
1998年に米国ソニー・エレクトロニクスに赴任。
各種コンスーマー向けポータブル・モバイル製品の企画管理業務を担当後、
VPとしてPC等のIT製品の事業に携わる。

その後、2010年にSNEIに経営戦略担当SVPとして着任し、2013年にはプレジデントに就任。
「プレイステーション ストア」、定額メンバーシップサービスの「プレイステーション プラス」、
ストリーミングゲームサービスの「プレイステーション ナウ」など
PSN上での様々なサービスの拡充、立ち上げに取り組み、
「プレイステーション ヴュー」、「プレイステーション ビデオ」
「プレイステーション ミュージック」など、
プレイステーションのネットワークサービスに主に携わってきた人物とのこと。

日本人の社長兼CEOに代わるというのは、大きなことだとは思いますが、
今後のSIEはどうなっていくんでしょうか。


■関連リンク
ソニー・インタラクティブエンタテインメントの新経営体制について







●ブログガジェット


▼最近の人気エントリー▼
Powered By 画RSS

▼新着記事▼
『スプラトゥーン2』今後のアプデ内容を紹介したPVが公開!新ステージ「ザトウマーケット」新ルール「ガチアサリ」、新ブキや新髪形も登場! [11月21日]
Switch『ゼノブレイド2』レアブレイド「ワダツミ」「メノウ」紹介!デザインはコザキユースケ氏 [11月21日]
【ポケ森】スマホアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」iOS・Androidともに本日より配信開始! [11月21日]
コンビニ「ミニストップ」成人雑誌の取り扱い中止を発表。千葉市からの働きかけがきっかけ [11月21日]
「るろうに剣心」作者、和月伸宏先生が女児動画を所持していたとして書類送検 [11月21日]

[ 2017/10/03 12:31 ] ゲーム関連の話題 | TB(0) | CM(13)
▼コメントに関する注意▼
・1暴言や攻撃的な内容は書き込まないでください
・2他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みは行わないでください
・3コメントは削除する場合があります
ハウスが会長にってことだけどリリース内容見る限り名ばかりで
実質、ハウスが自分の意思で辞めたくてソニー離れる感じだな。
箱1X発売前に勝ってる状態で辞めることで今後残って得られる報酬よりも自身のキャリアを選んだ感じかな。
[ 2017/10/03 12:57 ] [ 編集 ]
日本人だったら少しでも
日本向けのソフトを
期待してもいいのかな
[ 2017/10/03 14:00 ] [ 編集 ]
日本軽視が少なくなると期待していいのかな。
[ 2017/10/03 14:21 ] [ 編集 ]
新社長の具体的な実績が他社のパクリしか書かれてないような…他になかったの…
[ 2017/10/03 14:57 ] [ 編集 ]
べつにハウスがどうこうで日本軽視になったわけじゃないだろw
平井のころからそーだったじゃんw
その平井自身がSCEA、つまり北米SCEの出身だからといわれりゃそのとおりだがw
[ 2017/10/03 15:05 ] [ 編集 ]
敗戦処理の撤退準備に見えるね。
[ 2017/10/03 17:49 ] [ 編集 ]
PS4大成功させた時のトップってだけで実績は十分な気も
まあこういう移動って海外じゃそんな珍しくはないから驚きもない
[ 2017/10/03 17:54 ] [ 編集 ]
押し付けられたりしてね
[ 2017/10/03 18:09 ] [ 編集 ]
残務整理担当CEOかな?w
[ 2017/10/03 19:35 ] [ 編集 ]
これから戦況が厳しくなるから、その間おまえやれやって感じだな
[ 2017/10/03 20:20 ] [ 編集 ]
ハウス「沈む船から華麗にエスケープ!」
[ 2017/10/03 23:53 ] [ 編集 ]
ココガアノコノハウスナノネ
[ 2017/10/04 01:02 ] [ 編集 ]
これで盛田がメディアから引っ込んでくれればいいのに
あの人余計なことしか言わない
[ 2017/10/04 04:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼アンテナサイト▼