ゲームやアニメ、ネットを中心に日々気になった話題を扱う個人ブログメディア
TOP > ゲーム関連の話題 > title - PS4『グランツーリスモ SPORT』国内10月19日に発売決定。リミテッドエディションも同時発売


▼ニュース&まとめ系RSS▼
▼アンテナサイト▼
▼ばるらぼ!更新情報▼

PS4『グランツーリスモ SPORT』国内10月19日に発売決定。リミテッドエディションも同時発売

グランツーリスモスポーツ

SIEのドライビングシミュレーター
「グランツーリスモSPORT」の発売日が決定。



Powered By 画RSS

●初回生産限定リミテッドエディションも登場


SIEはPS4「グランツーリスモSPORT」を国内で10月19日に
発売することを発表しました。


長らく開発が続いていたGTsportsですが、ついに発売日が発表に。
元々の発売時期は2016年11月でしたが、
その後2017年発売予定に延期されていました。

グラフィックは4K解像度や60fpsに対応しているほか、
HDR、ワイドカラーにも対応。
PS4での美しいグラフィックを楽しみむことができる
タイトルに仕上がっているようです。




また通常版に加えて初回生産限定「リミテッドエディション」の同時発売も決定。

こちらにはゲームだけでなく、ドライビングテクニックからメカニズム、
自動車の歴史までを詰め込んだ大判の「スペシャルブックレット」や、
ゲーム内で使用できる8台のクルマをセットにした「スターターカーパック」などが
ダウンロードできるプロダクトコードが同梱されています。


PS4「グランツーリスモSPORT」発売日は10月19日。
通常版は6,900円、リミテッドエディションは9900円(各税別)。
PSストアでは「デジタルリミテッドエディション」も発売され、
価格は7900円(税別)です。


●『グランツーリスモSPORT』について


■パッケージ版 通常版
 PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』
■パッケージ版『リミテッドエディション』
 PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』
 スペシャルブックレット
 スターターカーパック(8台)
 リバリーステッカーパック
 PlayStation®4アバター
■ダウンロード版 通常版
 PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』
■ダウンロード版『デジタルリミテッドエディション』
 PlayStation®4用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』
 スターターカーパック(8台)
 リバリーステッカーパック
 PlayStation®4アバター
「デジタルリミテッドエディション」限定特典
 ゲーム内通貨100,000,000Cr.(クレジット)
 ゲーム内アイテム ヘルメット

<早期購入特典>
 ボーナスカーパック(3台)
※「ボーナスカーパック」は、
すべての商品に共通の早期購入特典として付属します。


●グランツーリスモSPORT(「グランツーリスモスポーツ」)
・発売元:ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・開発元:ポリフォニー・デジタル
・フォーマット:PlayStation®4
・ジャンル:リアルドライビングシミュレーター
・発売日:2017年10月19日(木)予定

・価格:パッケージ版 通常版 6,900円+税
パッケージ版 リミテッドエディション(初回限定) 9,900円+税
※初回生産限定の商品となります。無くなり次第終了となります。
ダウンロード版 通常版 7,452円(税込)
ダウンロード版 デジタルリミテッドエディション(期間限定) 8,532円(税込)
※期間限定販売の商品となります。販売期間は追ってお知らせいたします。

・プレイ人数:未定
・CERO:審査予定


◆シリーズプロデューサー山内一典氏からのメッセージ
『グランツーリスモSPORT』の発売日を発表でき、大変嬉しく思います。
クローズドベータテストの成功を経て、我々は発売に向けたブラッシュアップの
最終段階に入っています。クローズドベータテスト期間中にサポートいただいた
世界中の「グランツーリスモ」ファンとPlayStation®ユーザーの皆さんに対し、
この機会にあらためて感謝の気持ちをお伝えします。

本日より発売までの期間、収録されるクルマやコースのリスト、
キャンペーンモードの詳細など、本作についての新たな情報を随時公開していく予定です。
また『グランツーリスモSPORT』を皆さんのお手元にお届けできることを
心から楽しみにしています。」

「グランツーリスモ」シリーズプロデューサー
山内一典



■関連リンク
グランツーリスモsports公式サイト

PSブログ







●ブログガジェット


▼最近の人気エントリー▼
Powered By 画RSS

▼新着記事▼
『スプラトゥーン2』新ブキ「ハイドラント」11月25日に追加!「アロワナモール」は来年2月 [11月23日]
「GEO(ゲオ)」で11月23日から「ニンテンドースイッチ スーパーマリオ オデッセイセット」が先着順で店頭販売開始! [11月23日]
海外でガチャ規制の動き。「スターウォーズバトルフロント2」について「オンラインカジノだ」と非難 [11月22日]
『スプラトゥーン2』ガチマッチの新ルール「ガチアサリ」の詳細が判明! [11月22日]
「よゐこのマイクラでサバイバル生活」シーズン2 第7話が公開! [11月22日]

[ 2017/07/14 11:33 ] ゲーム関連の話題 | TB(0) | CM(7)
▼コメントに関する注意▼
・1暴言や攻撃的な内容は書き込まないでください
・2他人の名誉やプライバシーを傷つける書き込みは行わないでください
・3コメントは削除する場合があります
ところでGT6の発売前に言ってたことは
いつになったら実現するんですか?
[ 2017/07/14 12:38 ] [ 編集 ]
んん?ネイティブ4Kの60fpsなんてできるの?
性能的に無理じゃね?Proのことを言いたいんだろうけど、Proでも性能足りんだろ
公式が言ってるとしたら大問題が詐欺級の落とし穴があるように思えるのだが。
[ 2017/07/14 12:51 ] [ 編集 ]
これは本当に不誠実な宣伝と言えるだろう、TVも販売してるメーカーのやることではない
批判としてではなく、実際に購入を考えてる人は特に気を付けて欲しいことを書きたい

・まず初めに対応したTVが無ければ何の意味もない
これは、ただ4KTVを持っていればいいという問題でもない、4KTVにも4K入力が可能な端子はせいぜい1-2個、
HDRと言っても、帯域の幅が広く、HDRと書いてあってもフル対応してない物が多い
また1つしか端子がない場合は、PS4でもProでもUHBDに非対応なので、
4KBDを見る時には配線を繋ぎ変えるか、高価なAVアンプなどが必要になる

・4Kという表記について
4Kというのは、ネイティブに4Kを出力するわけではなく、4Kにアップスケールすること
内部での実際のレンダリングは最大で1600x1800、フルHDよりちょっと上くらい
もちろん、PS4Proが必須条件の一つだ

・HDRにはいくつかの種類が存在する
HDRと言っても、2KでならHDRがフル対応する場合や4KでもHDRが対応する場合がある
例えば、4K/60hzではSDRまでしか対応しないが、UHBDのアニメなどの映像は4K/24-30hzなのでHDRが表示可能だったり
そもそも16bitまでしか対応せず、24bitに非対応だったりもする(TV側も出力側もそれぞれのケースによる)

・VR対応について
VRはまぁ語るまでもなくPSVR必須なのと、性能が足りないので1vs1でしか動作しない
またレンダリングやfpsなども低下する

よーするに、なんか凄そうなことが書いてあるけど、実際は凄いわけでもなく
しかも、それらすらも実際に体感しようとすれば、高価なテレビやPro、VRなどの環境が必要になるし
それなりの知識で購入しないと、まったく対応しなかったり、端子不足で追加出資をする羽目になります
購入を検討している人はご注意ください
[ 2017/07/14 14:03 ] [ 編集 ]
proはネイティブ4kなんて出せないぞ
[ 2017/07/14 14:33 ] [ 編集 ]
>んん?ネイティブ4Kの60fpsなんてできるの?
PS4Pro対応タイトルは全てアプコンによる4K。
あと、GTスポーツは可変60fpsと公式が言ってる。
一応「4K、60fpsに対応」というのは嘘ではない。事実を表しているとも言えないけど。
[ 2017/07/14 14:59 ] [ 編集 ]
紛らわしいから、これからは
フル4K(ネイティヴ)

疑似4K(アップコンバート)
って名称に分けないといけなくなるかもね。
[ 2017/07/14 17:39 ] [ 編集 ]
544pをHDと言い張ったメタルギアとかいうゲームもありましたし、このくらい平気平気!(棒)
[ 2017/07/15 09:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼アンテナサイト▼