ゲームやアニメ、ネットを中心に日々気になった話題を扱う個人ブログメディア
TOP > ARCHIVE - 2010年02月


▼ニュース&まとめ系RSS▼
▼アンテナサイト▼
▼ばるらぼ!更新情報▼

悪を封印、記憶喪失、選ばれしもの……海外ゲーマーが指摘するありがちストーリー

という面白い記事を「インサイド」で見つけたので、メモメモ。




ありがちなゲームのストーリーが消える日は来るのでしょうか。

海外ゲームサイト1UPは「そろそろなくなりそうなゲームのストーリーベスト5」という記事を発表しています。

5位:封印された悪
「ゲームの国の人々は何事も使い捨てにしない。特に良い悪役に関しては。長期的に考えられない賢者達は彼に封印を施すことを考えるかもしれない。あなたがゲームのストーリーを考える作家で、これほど強力な存在がなぜ世界を滅茶苦茶にしていないかの言い訳を必要とするなら本当に便利だ」

4位:世界を救う
「基本は“あなたは世界を救えるただ一人の人です!”だが、“あなたは姫を救えるただ一人の人です!”によって影が薄れた。
少なくとも、お姫さまものは風変わりで面白く、『Braid』のようにひねりを効かせることでシェアを得る。
惑星や宇宙を救うのはやりすぎだ。それが適切に動機づけられるなら、“ペットのカエルを救い出すこと”でも感動できるだろう」

3位:選ばれしもの
「あなたは特別な生まれ。そう!最後の皇子であり、遺伝子工学で作られたスーパー兵士の生き残りなのだ。
主人公がストレートに救世主でなくても、注意を引くことは可能だ。
『Half-Life』のゴードン・フリーマン(理論物理学の博士)はそれを成し遂げた。
実際の所、不可能だったり奇妙でない方が魅力的だ。
狼男の血に感染していない男、そして古代の巻物に予言されていない男。
もちろんそれは退屈に聞こえるかも知れないが、我々はバットマンという男を知っている(註:バットマンは超能力や超パワーを持たないただの人間だが立派にヒーローである)」

2位:一時的な記憶喪失
「プレイヤーを馴染みのない世界へ放り込む時、彼らと同じくらいに不器用なキャラクターの視点が役に立つ。
彼は多分、新人であり、エイリアン世界へテレポートで放り込まれたようなものだろう。
あなたは世界のあらゆる細部を説明するための口実を必要とするだろうか?なら、話が始まる前に主役が確実に頭を打つようにすべきだ。
『ファイナルファンタジー』はよくこれをやるが、『Fallout』シリーズは代わりになる良い手段を提示した。主人公がシェルターの中に居たという設定により、みんなが知っている色々なことに関して尋ねても不自然ではないのだ」

1位:ショーペンハウアー的悪役
「対立はドラマのエッセンスであり、悪役は闘争の源としてイージーな存在だ。
白い髪と天使の羽根、“太陽破壊スフィア”の鍵を持った狂気の悪役は、宇宙が冷酷無情な場所であると理解した後に、何故に何も重要なものなどない世界に一撃を食らわせてやろうとするのだろうか?
我々の大部分には16歳を過ぎてからこれをやり遂げるだけのエネルギーがないようだが、これは世界を破壊して自殺しようとする超悪役よりも納得のいく動機付けだ」

1位はいわゆる「厨二病(自意識過剰及び劣等感からくる、痛い言動や思想)」的な悪役のこと。ショーペンハウアー的な厭世観を持ち、世界に絶望したからぶっ壊す!という悪役は古くさいので、もっとオトナで人間として感情移入しやすい悪役を用意しろ……というのが1UPの記者Scott Sharkey氏の主張であるようです。

ソース
『インデックス』まあ、見てくださいよ。
その記事



しかし、
注目して欲しいのは記事ではなく、記事の横の広告に、なぜか
「ファイナルファンタジー8」の広告が表示されてるっ!Σ(゚Д゚)

これは一体どういうことだね。記事の内容とマッチしてしまったとでも言うのかねっ。
僕はハマったぞっ。(゚θ゚´)
カードになっ。
今、ラストダンジョン寸前で放置してると思う。メモカ内のデータは。

めちゃダブルハガーのカード持ってたよ。なんであんなに増えるんだろう。
でも戦闘曲はなかなかよかった。

というか、海外の記事なんで翻訳ヘンな感じに思えるんですが、まあいいや。
海外でも中二病的キャラは健在ってことですね。

やっぱりみんな、王道がいいんだよ、王道がね。(´∀`)
スポンサーサイト



[ 2010/02/12 20:20 ] ゲーム関連の話題 | TB(0) | CM(0)
[タグ未指定]

『DEAD RISING2 デッドライジング2』の発売日が決まったよ

いつの間にやらデッドラ2の発売日が決定してたよ。(゚∀゚)
以下ジーパラより



カプコンは2010年2月12日(金)、プレイステーション3/Xbox 360向けソフト『DEAD RISING(デッドライジング)2』に関して、日本国内での発売日を2010年9月2日(木)に決定したことを明らかにした。

 なお、PS3/Xbox 360向版は北米で現地時間8月31日、欧州では9月3日に発売予定。日本国内におけるPC版の発売に関しては、2010年の予定。

 『DEAD RISING2』は、片田舎のショッピングモールを舞台にジャーナリストのフランクがゾンビとの激闘を繰り広げたゾンビパラダイスアクション『デッドライジング』の続編。
 本作では、富や名声を求めて人が集まるギャンブラーのパラダイス「フォーチュン・シティ」が舞台となり、ゾンビを相手にした数々の競技で競うTV番組「テラー・イズ・リアリティー」に出場した主人公のチャック・グリーンが、生き残りをかけて戦っていく。

また、Xbox 360向けのオンラインサービスXbox Liveでのみ製品発売前に、本作のプロローグとなる『デッドライジング2:CASE 0』をダウンロード配信することも発表された。配信日および価格は現在未定で、ダウンロードには、Xbox Liveのメンバーシップが必要となる。

『デッドライジング2:CASE 0』では、モトクロスの元チャンピオンである主人公チャック・グリーンが『DEAD RISING2』の舞台である「フォーチュン・シティ」を訪れる以前のストーリーが描かれる。
 このエピソード専用のワールドで繰り広げられる、チャックの活躍を通して、『DEAD RISING2』の新機能の数々をひと足早く体験できるという内容だ。

ソース
「ジーパラドットコム」 写真はこちらでどうぞ。

http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=18696&c_num=14




「GAMESPARK」にも記事がありました。
こちらは動画つき。




本日、カプコンは、年内のリリースが予定されていたデッドライジング2(Dead Rising 2)を、日本で2010年9月2日に、北米で8月31日にXbox 360、PS3、PCで発売すると正式に発表しました。

また、今日からMicrosoftが開催しているX10に合わせて、最新のゲームプレイトレイラーやスクリーンショットも公開に。さらに、ゲームの発売直前には、Xbox 360向けにダウンロードプロローグ“Dead Rising 2: CASE ZERO”が配信されることも明らかになりました。

CASE ZEROでは、Dead Rising 2の主人公であるChuck Greenの過去を描く設定が用意されており、本作のゲームプレイを一足早く味わうことができるとのこと。プロローグの配信時期や価格など、詳細は後日発表されるということです。


ソース
「game spark」 動画はこちらでどうぞ。
http://gs.inside-games.jp/news/219/21981.html



なんか前作よりグラフィックはキレイになってる感じ。(゚θ゚)
主人公もさらにコクが深いお顔立ちに。けどなぁ、、動画観た感じ、グロ成分が足りない感じ。

まあ、肝心な(血出そうな)ところは切られてたんですが、どうなんでしょ。
前作は360独占供給だったけど、(Wiiでも出たって?あれはなんとも、、、)今度はマルチプラットフォーム。
前作同様、バルカンは、注目すれどもプレイできずになりそうだが、カプコンは好きなメーカーなので応援してますぞ。(ΩθΩ`)
[ 2010/02/12 14:17 ] ゲーム関連の話題 | TB(0) | CM(0)
[タグ未指定]
▼アンテナサイト▼